整備に良いとされる

ビルトインガレージは自動車趣味に最高の空間

自動車を愛するものにとって、天候や時間に関係なく愛車を整備することのできる環境は、夢のひとつです。マイホームの建設の際には、ガレージをと考えている方も多いのです。 さて、そんなガレージには住宅に組み込まれたビルトインガレージと住宅とは別に設置するタイプのガレージがありますが、ビルトインガレージタイプは、ガレージハウスなどとも呼ばれ、愛車整備に最高という風潮が強まっています。 ビルトインガレージは、住宅と一体であるだけに、居住スペースから天候を気にせずに愛車の元に向かうことができるほか、設計を工夫すればリビングから愛車を眺めることも可能なのです。 ビルトインガレージというと建設コストが高くつく懸念がありますが、最近ではビルトインガレージ付きの住宅を専門的に施工する建設会社も増えており、低予算でも実現可能なものもあるのです。

ビルトインガレージのメリットと価格の傾向

ビルトインガレージとは、家などの建物の中に、駐車スペースが確保されていることいいます。基本的には建物の1階部分にあるケースが多いようでシャッターを使い出し入れします。 ビルトインガレージの場合、車が建物の中にあり、雨や風などから車を保護出来るだけではなく、盗難やいたずら等の被害などを未然に防ぐことが出来ます。また買い物や旅行の時などの荷物の出し入れなども建物内で行えるので、天候や時間などを気にする必要はありません。またビルトインガレージなら、駐車場を借りるなどの月々の駐車場代もかかりませんので経済的です。 注文住宅でのビルトインガレージの価格の傾向は、車何台分のスペースを確保するのか、またシャッターの開け閉めは自動か手動かなど、さまざまな設計で変わってきます。

ページのトップへ戻る